蒼開中学校・高等学校

  • 卒業生の方へ
  • 交通アクセス
  • 資料請求・お問い合わせ

進路サポート

夢を実現させるための進学サポート体制

蒼開中学校・高等学校では中学3年次、高校3年次のみが進学をサポートする時期と考えていません。1年生から担任・学年団を中心に全教員が生徒一人ひとりに寄り添いながら、普段からの学習や生活の悩みごとを気軽に相談できる雰囲気の中、お互いの信頼関係のもとで進路相談へとつなげていきます。個々の生徒の特性を十分理解したうえで「行ける学校」ではなく本当に「行きたい学校」への指導を最後の最後まで一緒に行っていきます。

進路を考えるうえで、様々な自己分析を行い、進路への意識を高めます。また、卒業生を学校へ招待して実際の体験を話してもらいます。

実際に大学に訪問して、リアルな授業や施設を体験することで、より進路への具体的な関心が高まります。HRでも詳しい内容を日々調べていきます。

宿泊を伴う勉強合宿を行い、進路への強い意識を作り上げます。毎日早朝と放課後にも補習や個人指導を行い、万全の体制を整えています。

●自己分析の実施 ●卒業生講演会

進路を考えるうえで、様々な自己分析を行い、進路への意識を高めます。また、卒業生を学校へ招待して実際の体験を話してもらいます。

●大学の訪問授業 ●学問・志望校探究

実際に大学に訪問して、リアルな授業や施設を体験することで、より進路への具体的な関心が高まります。HRでも詳しい内容を日々調べていきます。

●勉強合宿 ●放課後補習

宿泊を伴う勉強合宿を行い、進路への強い意識を作り上げます。毎日早朝と放課後にも補習や個人指導を行い、万全の体制を整えています。

  • 自習室を開放

    放課後から開放します。自習室として使われる視聴覚室だけでなく図書室や東館職員室前にも自習スペースがあります。多くの生徒が利用しますが、特に試験前の職員室前自習スペースは先生と生徒で満席状態です。

  • 将来の夢や習い事との両立

    バレエやピアノ・バイオリンなどの習い事を中学や高校でも行える授業体系になっています。自分の夢をかなえるために学校は応援します。

  • 学習日誌

    一人ひとりに日誌を待たせて、毎日先生と生徒で情報の交換を行います。テスト期間には計画から振り返りも行い、効率的な学習へのサポートを行います。

  • 朝学

    8時35分から毎日朝の10分間の時間を利用して学習を行っています。漢字や計算問題、英語のリスニングのような反復学習から読書やミニ論文などその時々の必要に応じてさまざまなプログラムを用意しています。

TEACHER'S VOICE

進路指導部 教諭 中嶋 由利子

将来の「なりたい自分」をイメージすることは学びの原動力になります。進路指導部では、生き方を考える機会を与えることで、生徒の学習意欲を高め、3年後あるいは6年後の進路実現をサポートします。

進路指導部 教諭 中嶋 由利子進路指導部 教諭 中嶋 由利子

卒業生メッセージ

MESSAGE

明石さざんか法律事務所・弁護士

平成15年度卒業 小森 祐輔さん (洲本市立加茂小学校出身)

私は、現在、明石市で弁護士をしています。この学校では、6年間同じ仲間と切磋琢磨して勉強やスポーツ打ち込むことができました。その中で、私は目標に向かって諦めない信念を持つことの大切を学びました。今でもこの学校で学んだことが私の支えになっています。学校卒業後も、司法試験や仕事の中で厳しい局面を迎えることは多々ありましたが、苦しい時こそ諦めず、少しずつ前に進んで行くことができたのもこの学園の経験が役に立ちました。

大阪大学 医学部医学科

平成29年度卒 髙橋 雅明さん(洲本市立大野小学校出身)

蒼開の多くの先生方が、僕の志望大学に合わせたプリントを配布してくれ、過去問の添削もしてくれました。面接や小論文の対策も十分していただいたので、本番で満足いく結果を残すことができました。この学園のおかげで、合格への最短距離を進むことができました。ここに入学して本当によかったです。

神戸大学 工学部

平成29年度卒 黒田 柊真さん(南あわじ市立北阿万小学校卒)

先生方が気軽に質問に答えて下さったり、定期的に面談の機会を設けて下さったおかげで、安心して勉学に励むことができました。教科ごとに自習プリントが充実しているので、苦手な分野はそれで補いました。素晴らしい学園生活を過ごすことができ、先生方や同級生のみんなにはとても感謝しています。

神戸大学 理学部

平成29年度卒 森本 晴己さん(洲本市立加茂小学校卒)

僕が受験勉強する時に非常に役に立ったのは学校で自習することでした。学校に居残っていると家にいる時のような誘惑がなく、また勉強で分からないことがあったら簡単に先生に質問することができたからです。先生達の支援のお陰で僕は集中して勉強することができ、そして無事第一志望に合格しました。

青山学院大学 文学部

平成29年度卒 祖山 京香さん(南あわじ市立湊小学校卒業)

「勉強・部活・学校行事、すべてにおいて妥協したくない。」そう思い、この学園に入学しました。振り返ってみると、これら全ての両立は困難なことでしたが、先生方や同輩のおかげで最後は納得のいく結果となり、充実した最高の6年間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

卒業生メッセージ

MESSAGE
明石さざんか法律事務所・弁護士

平成15年度卒
小森 祐輔さん
(洲本市立加茂小学校出身)

私は、現在、明石市で弁護士をしています。この学校では、6年間同じ仲間と切磋琢磨して勉強やスポーツ打ち込むことができました。その中で、私は目標に向かって諦めない信念を持つことの大切を学びました。今でもこの学校で学んだことが私の支えになっています。学校卒業後も、司法試験や仕事の中で厳しい局面を迎えることは多々ありましたが、苦しい時こそ諦めず、少しずつ前に進んで行くことができたのもこの学園の経験が役に立ちました。

大阪大学 医学部医学科

平成29年度卒
髙橋 雅明さん
(洲本市立大野小学校出身)

蒼開の多くの先生方が、僕の志望大学に合わせたプリントを配布してくれ、過去問の添削もしてくれました。面接や小論文の対策も十分していただいたので、本番で満足いく結果を残すことができました。この学園のおかげで、合格への最短距離を進むことができました。ここに入学して本当によかったです。

神戸大学 工学部

平成29年度卒
黒田 柊真さん
(南あわじ市立北阿万小学校卒)

先生方が気軽に質問に答えて下さったり、定期的に面談の機会を設けて下さったおかげで、安心して勉学に励むことができました。教科ごとに自習プリントが充実しているので、苦手な分野はそれで補いました。素晴らしい学園生活を過ごすことができ、先生方や同級生のみんなにはとても感謝しています。

神戸大学 理学部

平成29年度卒
森本 晴己さん
(洲本市立加茂小学校卒)

僕が受験勉強する時に非常に役に立ったのは学校で自習することでした。学校に居残っていると家にいる時のような誘惑がなく、また勉強で分からないことがあったら簡単に先生に質問することができたからです。先生達の支援のお陰で僕は集中して勉強することができ、そして無事第一志望に合格しました。

青山学院大学 文学部

平成29年度卒
祖山 京香さん
(南あわじ市立湊小学校卒業)

「勉強・部活・学校行事、すべてにおいて妥協したくない。」そう思い、この学園に入学しました。振り返ってみると、これら全ての両立は困難なことでしたが、先生方や同輩のおかげで最後は納得のいく結果となり、充実した最高の6年間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

ページの先頭へ